体調により漢方薬を飲んでいます

ここ数年1月~5月くらいまで体調を崩すようになりました。
冬に子どもから移される風邪が引き金となって寝込むことが多いです。
それまでは本当に健康体だったのですが、産後から体質が変わったように感じます。
体調を崩すのも突然の肩こりから首のこり、そしてそれが耳下腺の痛み、歯痛が起こります。
そして胃も調子が悪くなり胃の当たりを触ると固くて痛いです。
胃痛もどんどんひどくなっていく状態でした。
初めて体調を崩した時にはあまりに胃が痛く内科で受診してガスターのお薬を処方していただきましたが全く改善せずでした。
その後あまりの調子悪さにエコー、血液検査、胃カメラと色々としましたが全く異常なしでした。
しかし、体調は最悪で時にはあまりの動悸に立ち上がれず寝っぱなしの時もありました。
ご飯もろくに作れず、洗濯しては休みお米をといでは休みと家事もままなりませんでした。
幼児2人がいますが相手もろくにできずかわいそうでした。
病院に行っても原因がないので何も出来ずただ胃薬を飲むだけでした。
肩こりもひどかったので整形外科に行った時にあまりの症状のひどさから自律神経的なものかもしれないねとのお話をされました。
肩こりで行ったのですが、脚がものすごく冷えていたためそこで初めて「芍薬甘草湯」の漢方薬を処方してもらいました。
今まで原因が分からず病院めぐりをしていましたが、自律神経が原因かもと色々とネットで調べていくうちに当てはまる項目が多く、心療内科にかかろうかどうしようかと考えているうちに春になり全快しました。
なんだったんだろうと思っていたのですが、年が明けて1月になるとまた同じ症状の再来でした。
今度は胃痛もですが、手足のしびれやぴくつきが非常にひどかったです。
動いているときはマシですが座ってゆっくりしたり、お布団に入ると脚のぴくつきが始まりました。
あまりにひどくて不眠になりかけ神経内科を受診し、筋電図等の検査をしましたが異常なしです。
昨年度の体調不良も考えるとやはり自律神経が乱れているのかもしれないね、ということでした。
神経内科の先生が漢方に明るい方で、漢方薬ですべてが解決するとは言えないけれど、もしよかったら漢方薬での治療を考えてみてもいいかもしれないということで漢方薬を処方してもらいました。
定期的に受診しながら体調の様子を細かに聞いてくださって漢方薬もいろいろと変えてくださりました。
体調を崩した2年目も5月くらいには全快しました。
漢方薬のおかげなのか1年目と同じで春になったから改善されただけなのか分かりませんでしたが、3年目からは少し疲れが出始めた時には受診して漢方薬を早めに飲むようにしてみました。
たまたまなのか漢方薬が効いているのか3年目は体調を崩して寝込むことはありませんでしたが、気分は優れない日が続きました。
もしかして大丈夫なのかと4年目は飲まずにひと冬を越してみたのですが、生理不順になるという結果でした。
ホルモンバランスが崩れているのかやはり冬~春にかけては自律神経が乱れているみたいです。
それ以来自分の体調をよく観察しながら漢方薬を飲んでいます。
ここ最近は病院で受診せずに薬局で買える漢方を薬剤師の方と相談しながら飲んでいますね。
知れば知るほど漢方薬って奥が深いなと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*